業務用脱毛機器ViVidシリーズ|I2PL/SHR/NPL/THR|国産脱毛マシン

 

vivid業務用脱毛器のメソッド

業務用脱毛器ViVid Evolution
業務用脱毛器ViVid EX.
業務用脱毛器ViVid 3C|ViVid-ECショップ

ViVidシリーズは次世代IPLモデル

I2PL医療脱毛モデル|ViVid
ViVidシリーズの本質は、美容クリニックなど光治療で用いられているI2PL(次世代IPLと呼ばれる)原理を応用し、美容サロン向けに開発した業務用美容脱毛機器(※)です。
I2PLの原理は、デンマークのエリプス(DDD)社が開発を手掛け、最も信頼できる効果の高い光治療器として世界をリードしていることでも有名です。
I2PLは、日本国内において美容クリニックなど中心にレーザー脱毛と比較しても遜色ない効果が見込め、かつ安全性が高い光治療器として評価・実証されています。次世代IPLの最先端理論を取り込んだ美容脱毛器で国内唯一とも言えるのがViVidシリーズの真骨頂です。

(※)ViVidシリーズは、医療機器ではなく美容機器として開発された製品ですので医師免許や医療許可などの要件もなく、全国の美容サロン様に安心してご使用いただけます。

国内トップランナー生産ライン

ViVidシリーズは、設計開発~部品調達~製造組立~検査に至るまで、ISO9001構築工場の国内生産ラインから出荷されております。その生産工場は、宇宙工学にも応用される超音波特殊装置のトップランナーであり、その確かな技術を脱毛機器に惜しみなく注ぎ込んでいます。
科学的技術に裏打ちされたViVidシリーズ製品群は、品質、技術、安全性など、あらゆる側面で国産脱毛機器メーカーとしてトップランナー基準を走り続けます。
業務用脱毛器のトップランナー

脱毛メソッドを網羅した凄いマシン

ViVidシリーズは、I2PLをベンチマークに、SHRNPLTHRと言った最新脱毛理論の特性を1台にすべてを網羅したオールラウンドなスーパー脱毛マシンです。

vivid脱毛メソッド機能一覧表

ViVidのIPL脱毛メソッド

IPL脱毛メソッドとは、I2PL(次世代IPL)、SHR(蓄熱式脱毛)、NPL(ニューパルスライト)、THR(サーモヒートリムーバー)など最新脱毛方式のすべての源流となる脱毛理論です。自然光に近い特殊な光を肌に照射することで、毛周期(※)を抑制し、やがてムダ毛の生えにくい毛穴をつくりだす脱毛方法で、光(フラッシュ)脱毛とも呼ばれています。(※)体毛が生え変わるサイクルのこと。
照射された光は、異なる波長がやさしく肌に浸透。皮膚下のメラニン色素や毛細胞に働きかけ、しっかりと脱毛促進へと導きます。

脱毛メソッド|I2PLの特性

皮膚にやけどを起こしやすい950nm以上の長波長の光(近赤外線領域)をハンドピース内に循環する水フィルターでカットするデュアルフィルタリング機能(水分子の近赤外線吸収スペクトルの応用)を実装しています。これにより、やけど等のリスクを最大限に排除し、安全で効果的なトリートメントが可能になります。

I2PL|デュアルフィルタリング機能

脱毛メソッド|SHR機能

ViVidシリーズ(EX.を除く)は、従来の単発式(HRモード)に加え1秒間に3~最大7連射(SHRモード)機能を装備しています。蓄熱脱毛方式により毛包全体を熱で包み込むため痛みもなく、毛周期、肌質、毛質の左右されることなく毛の再生を抑制させてゆきます。スピーディーかつ短期間で脱毛効果が期待できます。

脱毛メソッド|shr蓄熱式脱毛方式

NPL/THRの特性

NPL/THRの共通点は、光エネルギーの安定した照射性です。ViVidシリーズは、超高効率電源パルス制御回路を内蔵した独自開発のエナジーコントロールシステム(ECS)を実装。大容量コンデンサの能力を引き出し、安定かつフラットなエネルギーを送り出すため、省電源でもハイパワーで高い安全性を実現します。

脱毛メソッド|NPL・THR

安全の中で脱毛効果に導くViVid流

脱毛効果と安全性の機器分布

脱毛効果はどのマシンも同じ?

業務用脱毛機器の導入を検討する際に、優先項目として考えるのが「脱毛効果の比較」です。常識的な見解として、国産機でも海外機でも高価格でも低価格でも「脱毛効果を出せる」からこそ「抜ける脱毛機」としての称号を掲げているわけです。そう言った意味では、どのマシンも同じ条件下において効果に歴然とした差は見いだしにくいと言えます。

どこに違いが出るか?

しかし、効果に差がない脱毛マシンとは言え、大きな違いが表れるのが「安全性」です。つまり、様々なマシンで脱毛効果が得られたとしても『安全の中で出せるのか、危険(火傷)リスクがある中で出せるのか?』と言う違いです。

ViVid流メソッドとは?
ViVid流の脱毛方式は、安全性と脱毛効果の最大化を図るために科学的な脱毛理論最先端技術に裏打ちされています。このメソッドにより、美容機器として高い安全性を担保しながらクライアントのニーズ、満足、期待に応えられる脱毛マシンとして他機とは一線を画すポジションを確保しています。

ViVid流の脱毛メソッド

ViVid 光のスペクトル吸収曲線
紫外線(短波長)のリスク
紫外線領域の短波長帯は、メラニン以外にも肌内部の血液に反応する割合が大きくなり、互いが干渉しあうため脱毛には適しません。
近赤外線(長波長)のリスク
近赤外線領域の長波長帯は、メラニンよりも肌内部の水分に反応する割合が大きく、ヤケドを引き起こすリスクが高まるため脱毛には適しません。
ViVid流 光の吸収スペクトル
危険リスクや脱毛効果の阻害要因となる短・長波長をフィルタリングすることで、安全かつ効率的に脱毛や美肌作用のある光を送り出します。

 

ViVid流 美肌脱毛の効果とノウハウ

プラズマ美容脱毛

脱毛(エピ)専用ハンドピース(600~950nm)を用い、キセノンランプから発せられるプラズマ光線を肌に与えることで、全身部位はもちろん、メンズ(ヒゲ)脱毛、VIO脱毛、子供脱毛など、多様なニーズに効果的な脱毛トリートメントを実現します。また、脱毛効果の高い波長帯にスクリーニングされた光は、高出力を必要とせずに短期間で十分な効果が期待できるうえ、痛みにともなうストレスや火傷リスクからクライアントを守ります。

効果の検証

  • 使用機器:ViVid Evolution
  • 設定:左足(SHR-7連射)右足(HR-単発)

効果検証-脱毛前

脱毛前

脱毛効果-1か月後1か月後
脱毛効果-3カ月3か月後

脱毛効果-6か月後

6か月後

光フェイシャル

光フェイシャルViVidシリーズは、脱毛以外にも美肌効果を促進させる美容マシンとして高く評価されています。フォト(光フェイシャル)専用ハンドピース(550~950nm)に付け替えるだけで、ヘモグロビン反応領域の波長光線がやさしく肌に浸透します。シミ、くすみ、赤ら顔、ニキビなど肌トラブルの改善や繊維芽細胞を活性化させることでコラーゲン増生の促進、毛穴引き締め作用やシワの改善によるアンチエイジング効果も期待できます。

効果の検証

  • 使用機器:ViVid 3C
  • 設定:光フェイシャル(フォト)モード
光フェイシャル-施術前フォト(施術前)
光フェイシャル-3か月後フォト(3か月後)
光フェイシャル-6か月後フォト(6か月後)
光フェイシャル水分測定前フォト水分測定(施術前)
光フェイシャル水分測定後フォト水分測定(施術後)

業務用脱毛器の「よくある質問」

ViVidシリーズは本当に「国産」ですか?
設計開発~製造(部品調達・組立)~検品に至るまで、すべて国内(埼玉)工場にて手掛けております。ISO9001に準拠した万全な品質マネジメント体制のもと、厳しい要求検査をクリアした製品のみをお届けしています。※出荷製品には、すべて「検査成績表」を添付しております。
ViVidシリーズの特長は何ですか?
脱毛の効果と人体の安全性を最大限に追求した最適波長をつくりだすため、低域(紫外線)波長は「カラーフィルター」、高域(近赤外線)波長は「水フィルター」によりスクリーニング(カット)する、国内唯一の水冷却循環(WCC)+デュアルフィルタリング機能を装備している点です。
脱毛の効果はどうですか?
IPLの光には、メラニン(毛)以外にも血液や水分などに反応する波長(400~1200nm)が含まれています。当マシンは、脱毛(メラニン)に最も効率的に作用する波長帯(600~950nm)にスクリーニングしているため、血液や水分とメラニンの干渉を抑制することが可能になります。仮に、他機と同じ出力(ジュール数)で照射して比較した場合でも、干渉抑制によりレベルの違う効果が期待できます。(但し、個人差はあります)
光フェイシャルの効果はどうですか?
ViVidシリーズは、世界レベルで効果が実証され美肌治療に使われるI2PLの原理をもとに、サロン向けに開発した美容機器(※)です。専用ハンドピース(フォト用)を付け替えるだけで、肌のトラブル改善や美肌効果を促進させる光フェイシャルサービスが可能になります。(※)医療機器ではありません。
ヒゲやVIOの脱毛は出来ますか?
全身脱毛はもちろん、メンズ脱毛、ヒゲ脱毛、VIO脱毛、子供脱毛までオールマイティにサービスが可能です。特に、ヒゲやVIOなど毛質がしっかりした部位を大変得意としているのがViVidシリーズの強みです。
SHRとHRの違いは何ですか?
一部の他機メーカーでは、SHRとIPLは別物の脱毛方式として取り上げているところもありますが、SHRもIPLと原理は同じです。当社では、IPLメソッドの連射式を「SHRモード」、単発式を「HRモード」と表しています。SHR(連射式)は、HR(単発式)の一回照射を数回に分けて高速で連射しているものとお考えください。
SHRとNPL/THRの違いは何ですか?
NPL(ニューパルスライト)やTHR(サーモヒートリムーバー)の位置づけは「SHRの進化版」とされています。基本原理は、SHR(蓄熱式脱毛)方式と同じですが、連続照射した場合でも安定した出力を維持させる工夫をほどこしています。ViVidシリーズは、大容量コンデンサーに加え、独自開発のエナジーコントロールシステム(ECS)を実装しているため、連射モードでも出力が最後まで持続できるほか、パルス波形(光エネルギー)もフラットに維持させるハイテク機能を有しています。
ジェルは塗布するのですか?
脱毛でも光フェイシャルでも照射する部位には、冷却ジェルを塗布してから施術を行っていただきます。
マシンの操作方法や使い方は難しいですか?
ご購入製品には、詳細な操作マニュアルが付属されています。プロから未経験の方でも、液晶パネルから、好みの設定が簡単に行えるようにプログラムされています。
脱毛理論や技術的なことは教えてくれますか?
脱毛の知識や技術に関する講習サービスをご提供しております。納品時に合わせると、マシンの組立から検品・動作チェックも行います。講習では、基本操作方法はもちろん、出力やモード設定の考え方、施術のデモンストレーション、脱毛サービスに関する注意点など、はじめての方でも専任のインストラクターが丁寧に指導しますのでご安心ください。(全国出張可)
詳しくは、機器の取扱/脱毛施術講習の実施についてをご参照ください。

 

進化したViVidシリーズを見る

進化したSHR搭載機

業務用連射式ハイブリット脱毛マシンViVid 3C
業務用連射式ハイブリット脱毛マシン|ViVid Evolution

ViVid製品お問合せフォーム

【プライバシーポリシー】 ※お問い合わせいただきました内容は、当社の掲げる個人情報保護方針に沿って管理し、お客様の同意なく第三者に開示・提供することはございません。詳細につきましては、当サイトの「プライバシーポリシー」をご参照ください。 【ご利用規約】 ※商品購入の意図またはその他の目的の有無にかかわらずViVid-ECショップとお客様との間での当店取り扱い商品の売買、情報の閲覧、その他あらゆる付随するサービスなど全てのサービスのご利用いただく際の取扱いについて「利用規約」をお読みください。なお、当フォームのご利用をもって、利用規約に同意したものとします。

◆お名前(必須)

◆サロン/会社名(必須)

◆事業形態(必須)
法人個人

◆事業内容(必須)
脱毛サロンエステティックサロンヘアサロンネイルサロンアイラッシュサロンリラクゼーションサロンホワイトニングサロン美容クリニックその他のサロンスパ/温浴施設スポーツジムその他の事業

◆営業年数
新規開業1年~3年未満3年~5年未満5年~10年未満10年以上

◆店舗数
1~3店舗未満3~5店舗未満5~10店舗未満10店舗以上

◆メールアドレス(必須)

◆電話番号(必須)

◆ご住所(必須)

◆対象製品(必須)
ViVid EX.ViVid 3CViVid Evolutionその他

◆お問合せ内容-1

◆お問合せ内容-2

※確認画面は表示されません。上記内容にて送信しますがよろしいですか?(必須)
はい